ソフト細川痛恨の悪送球

2012年06月12日 12時00分

 ソフトバンクは11日、阪神戦(甲子園)で0—1の零封負けを喫し、連勝は2で止まった。先発の山田は、阪神・岩田と緊迫の投手戦を展開。しかし8回、バッテリーを組んだ細川の失策で痛い1点を失った。

 息詰まる投手戦で手痛いミスが出てしまった。0—0で迎えた8回。一死三塁のピンチを迎えた。代打・関本の打席で、細川が三塁走者をけん制しようと三塁へ投げたがこれが想定外の悪送球。ボールが三塁ファウルグラウンドを転々とする間に、痛恨の決勝点を与えてしまった。

  調子が上向いてきた打線もこの日は岩田の前に散発の3安打に抑えられ、最後は虎の絶対守護神・藤川に封じられて万事休す。山田の奮投を台なしにしてしまった。