前田智の助言で若ゴイ堂林快打

2012年06月11日 12時00分

 広島は10日のオリックス戦(マツダスタジアム)に5—2で逆転勝ち。この試合の立役者はなんといっても堂林だ。7回に同点打をマークし、8回にも2点適時打を放つなど4打点でチームに貢献。今季スタメン出場を続ける若ゴイは、ベテランの助言を生かしプレーを続けている。


 2点を追う7回一死二、三塁で打席に入るとオリックス・寺原のスライダーを中前に運ぶ同点適時打を放った。さらに、1点リードの8回には一死満塁のチャンスで勝利を決定づける2点適時打を放って、この試合の立役者になった。

 前日9日のソフトバンク戦では3度の好機にいずれも凡退。「悔しさがずっと残っていた。今日も得点圏で回ってきたのでその悔しさを晴らそうと思って打席に入った」。試合前までは得点圏打率1割5分2厘となかなか打点を挙げることができなかったが、そんな悔しさをぶつけた一打だった。

 ベテラン打者の助言も効果を発揮している。最初は相手も直球で勝負してきた。しかし最近は研究され徹底した変化球攻めに合っている。そこでアドバイスをくれたのがこの日も代打の切り札として逆転打を放った前田智。

「オープン戦のころから声を掛けてもらっている。長く続けるためのことや配球のことを言われてから考えるようになった」。大先輩の教えを元に腕を磨き、この日は苦手としていた落ちるボールを見事にとらえた。

 野村監督は「堂林がよく打ってくれた。いい思いをして強くなってほしい。今日は大きく成長してくれたと思う」と目を細めた。