猛虎打線 汚名返上に野手ミーティング

2012年06月10日 14時00分

 阪神が9日、攻守に精彩を欠いてオリックスとの〝関西ダービー〟に1―6と完敗した。


 1点を追いかける3回。マートンは一死一、二塁の好機でカウント2―2から外角の直球をストライクと判定されると明らかにふてくされた態度でバットを放り投げ、風船ガムをふくらませた。2年連続で打率3割以上をマークしていた安打製造機も今季は序盤から不振が続き2割3分前後に低迷している。


 初回の二死一、二塁のチャンスでも空振り三振。和田監督が「打てないことが守備にも影響している」と指摘するように4回には二死二塁から右前打を処理したものの、本塁への送球が大きくそれて二塁走者を生還させてしまった。追加点を絶対に許さない前身守備だったにも関わらず2点目を献上してしまった。


 マートンは「しっかりとライン上に投げないといけなかった」とイライラした表情で振り返った。2回には一死一塁から小宮山の中越二塁打で一塁走者のブラゼルが打球判断を誤り本塁で憤死。和田監督も「11安打も打ったのに走塁が悪すぎる」と厳しい表情だ。


 現在、マートンだけじゃなくブラゼル、新井貴も本調子からほど遠い。試合後にはベンチ裏で野手ミーティングも開催された。重苦しい雰囲気が漂う中、借金2。現在、4番で奮闘している金本も右肩の状態しだいでは急激に状態が落ちてしまうという不安を抱えている。前評判が高かった猛虎打線も今のところは評判倒れ。汚名を返上するためには個々の調子を上げるしかない。