巨人“西岡ポーズ”で真っ二つ 杉内「気分悪い」

2013年07月15日 11時00分

 球宴前に暗雲だ。首位巨人は14日の中日戦(ナゴヤドーム)に1―2で敗れてまさかの3連敗。2位阪神と1・5ゲーム差で敵地・甲子園へ乗り込むことになった。そんななか、チームが“西岡ポーズ”をめぐって真っ二つに割れている。


 昨季はカモにした阪神に今季はここまで4勝6敗1分けと大苦戦。ライバルを勢いづかせているのが、新加入の西岡だ。リードオフマンとしての存在感はもちろんのこと、巨人はムードメーカーとしての役割に警戒心を強めている。


 特に注目を集めているのは、阪神の打者がここ一番で本塁打を放った際に、ベンチ前でナインが揃って中堅方向を指さす西岡考案のパフォーマンス。甲子園を埋め尽くす虎党には大好評だが、やられる方は面白くない。15日の初戦に先発する杉内は「投手としては、あれをやられるのは気分が悪いですよね」と本音を漏らした上で「メジャーだったら報復で死球を当てられるんじゃないですか。まあ、日本ではやりませんが」とチクリとやった。


 このトーンでチームがまとまるなら問題ないのだろうが、そうではないからややこしい。


 ある野手は「正直、阪神がうらやましい。ああいうポーズがあるとチームが勢い付くし、一体感が生まれていいんだよね。ウチはおとなしい選手が多いから、ちょっと調子が悪いとすぐベンチが暗くなっちゃう。西岡のようにバカをやれる若手がいてくれたらいいんだけど」と嫉妬と羨望が入り交じったまなざしを向ける。つまり、戦う前から西岡に“振り回されている”というわけだ。


 貯金17を誇りながらも「まだ課題がある。数字は残っているけれど、まだまだ上積みしないといけない」と原監督。このまま阪神にのみ込まれてしまうのか…。