〝独り相撲〟澤村に川口コーチ「大学生だね、あれじゃ」

2012年06月09日 12時00分

 巨人・澤村拓一(24)が乗り切れない。「西武打線に真っ向から突っ込んでいきたい」と8日の西武戦(東京ドーム)の先発マウンドに上がったが、5回9安打4失点の返り討ち。これで3試合連続KOとなった。好調な巨人投手陣にあって、ここ3試合で13失点と精彩を欠き、一人カヤの外状態となっている。


 呆然自失だった。5回4失点。マウンドを降りた澤村はベンチに腰を下ろすなり、グラウンド方向に視線を漂わせた。こみ上げる悔しさを押し殺すようでもあった。

 三者凡退で抑えたのは3回表だけ。すべて得点圏に走者を出す苦しい投球が続いた。2回に炭谷のスクイズで1点を献上すると、1—1で迎えた5回表には先頭の西口に中前打。片岡に中越え二塁打を打たれ無死二、三塁として栗山に左犠飛であっさり勝ち越し点を許すと、中島には真ん中低めのスライダーを振りぬかれた。打った中島が、歩きながら打球を見送るほどの当たりは左中間スタンドの中段に吸い込まれた。この一撃で勝負は決した。

 この試合前まで2試合で9失点。川口投手総合コーチは「自分との戦いではなく相手に対し、しっかりと攻められている」と指摘する。筋トレや投球に対する姿勢など、ストイックに自分を追い込む澤村。そこにこだわるあまり、打者の動きや駆け引きに目が行き届かず、それが背信投球につながることもある。

 前回登板した2日のオリックス戦の前には風邪をひき、登板を一回飛ばす選択肢もあった。しかし本人は「絶対に先発ローテを外れるわけにはいかない」。結局先発して5失点KOされた。川口コーチは「大学生だね、あれじゃ」。自分を追い込むことも大事だが、状況を見て周囲の配慮を受け入れることも重要。好調な投手陣にあって一人取り残されている焦りが、さらなる悪循環を生んでいる。

 先発投手が攻撃陣にリズムを与え、ゲームを支配することもあるが、当然その逆もある。澤村の〝独り相撲〟が続けば、好調なチームの流れも変えかねない。