「バカヤロー」で筒香4タコ

2012年06月07日 18時00分

〝ハマの若き大砲〟が戦犯となった。DeNAの筒香嘉智内野手(20)が5日のロッテ戦(QVC)で攻守にわたり終始精彩を欠いて大ブレーキ。チームは2―4で敗れた。
 その布石はあった。試合前の守備練習中、球場に「バカヤローッ!」という白井内野守備走塁コーチの怒声が響いた。三塁を守る筒香に鬼のような超本気モードのノックが降り注ぐ。筒香は顔面蒼白になりながらボールを追うしかなかった。

「守備練習の時にバッティングの動作をしていた。集中していない」と白井コーチは激高した理由を説明。練習で集中を切らしていれば、ケガをする恐れもあっただけに当然の叱責だった。

 しかし、その愛のムチが裏目に出てしまった。怒られてすっかり萎縮してしまった筒香は打撃で4打数無安打の4三振。一塁の守備でも8回二死一、三塁の場面で大松の一ゴロを処理できず、4点目を献上してしまった。記録上は内野安打となったものの、決して難しい打球ではなかっただけに「ミス」と指摘されても仕方がない。

 筒香に期待をかける中畑監督は「〝ノーテンキさ〟も魅力のひとつ」と擁護。しかし高田GMは「レギュラーでシーズンを戦うのも初めてで集中力が欠けるのもやむを得ないけど、彼には成長してもらわないと」と手厳しかった。

 

 筒香は6日のロッテ戦も3タコ…。チームが浮上するためにも筒香の活躍は不可欠だけに精神面の強化が必要だ。