日ハム・大谷「プロの壁」直面 フォームにメス

2013年06月24日 10時22分

 日本ハム・大谷が23日のロッテ戦(QVC)に3番・右翼で2試合ぶりの先発出場したが、2度の得点機に凡退するなど4タコに終わり、チームも1―2で逆転負けを喫し、連勝は5で止まった。

 

 初回一死三塁、2回二死満塁と2度のチャンスに打席が回ってきた。しかし遊ゴロ、二ゴロといずれも凡退。大谷は「1本出ていれば勝っていたでしょうし、楽になっていた。インコースの甘いストレートを打ち損じてしまったので、それを修正していきたい」と悔しさをにじませた。この日の4タコで打率は3割1分1厘に落ちた。3番で出場した2試合は8打数1安打だ。

 

 首脳陣は打者・大谷が、いまプロの壁に直面していると見ており、初めて打撃フォームにメスを入れたようだ。「昨日(22日)のフリー打撃は全然だめだった。見た目には大きな欠点ではないんだけど今が大事な時期。将来のために矯正しないといけない」(栗山監督)

 

 二刀流と格闘しながら打率3割をキープする18歳は、首脳陣の指摘を元に、この日の試合前の打撃練習でいろいろと試行錯誤していた。その迷いが、そのまま4タコという結果に出てしまったようだ。

 

 大谷は試合後「出てきた課題はしっかり克服して1日1日やっていきたい」と前を向いた。ヤル気は十分だが“プロの壁”は簡単に乗り越えられるものなのかはわからない。阪神の藤浪が4戦連続で勝てずに苦しんでいるように、大谷もしばらくは悩める日々が続くかもしれない。