マニー・ラミレスが極秘来日 ロッテと交渉か

2013年06月21日 18時00分

 かつてレッドソックスの主砲として活躍したマニー・ラミレス外野手(41)が21日、極秘来日していたことが分かった。


 今季は台湾義大でプレーしていたものの、米国に残した家族が恋しくなったとして退団。今後は大リーグ復帰を目指して米国で練習を続けるため、21日に米国へ向けて帰国したと一部で報じられたが、行き先は米国ではなく日本だった。


 伊東監督が大物助っ人獲得を熱望していたロッテと交渉するため、来日したと見られる。
ラミレスはメジャー通算19年で2574安打、555本塁打、1831打点をマーク。今季は台湾で打率3割5分2厘、8本塁打、43打点の成績だった。