頭部死球で火がついた赤ヘル打線

2012年06月06日 12時00分

 広島は5日の日本ハム戦(札幌ドーム)に12—3で圧勝した。

 1点をリードされて迎えた3回。一死から東出が頭部死球を受けて、日本ハム先発・吉川が危険球退場となると赤ヘル打線は一気にエンジン全開。まずは今季初めて3番に抜てきされた赤松が2番手・土屋から今季1号となる逆転2ラン。ニックが四球を選んで出塁すると、ここから怒涛の猛攻だ。岩本、広瀬の安打で満塁とすると、売り出し中の若ゴイ・堂林が右越えの2点適時打を放った。

 「当たりが良かったから最低でも犠牲フライにはなると思って走っていた。越えてくれてよかった」

 打撃不振に悩まされる石原も「堂林に負けるか」と意地の2点適時二塁打を打った。その後、東出にも適時打が生まれるなどこの回は10者連続出塁で一挙、7得点の猛攻で日本ハム投手陣を圧倒した。

 先発の大竹は要所を締める投球。史上326人目の通算1000投球回をクリアし、4勝目を挙げた。