岩隈がオールスター“当確”

2013年06月13日 16時00分

 シアトルの地元メディアは11日(日本時間12日)、前日のアストロズ戦に先発し、7回を4安打1失点(自責0)の好投で7勝目(1敗)を挙げたマリナーズの岩隈久志投手(32)をこぞって称賛した。

 

 シアトル・ポスト・インテリジェンサーは、ウェッジ監督の「彼は強い心臓を持っている」というコメントとともに「すべての球種とイマジネーションを使った」と報じ、シアトル・タイムズ紙は「岩隈はいつもチームに真価を与える」と絶賛。またマ軍公式ホームページは本拠地で3勝無敗、防御率0.92の成績を紹介し「ホームではアンタッチャブル。今季唯一敗れたアストロズにリベンジした」と伝えた。

 

 そんな中、米スポーツ専門局ESPNがア・リーグの球宴出場選手予想を行い、「メジャーで最も出塁率の低い投手で、昨年7月からの防御率はア・リーグでベスト」と高評価した岩隈に“当確”を与えた。先発はマ軍のヘルナンデスと予想。ほかにはレンジャーズ・ダルビッシュ、タイガース・バーランダー、レッドソックス・バックホルツら11人を挙げた。