モリミチ激怒 谷繁を懲罰交代

2013年06月10日 11時00分

 中日・高木監督が9日のソフトバンク戦でベテラン正捕手の谷繁を懲罰交代した。8回、1点を勝ち越されなお一死二、三塁のピンチ。ここで岡田は長谷川を三振に打ち取るが、ワンバウンドした球が谷繁の左腕に当たりそのまま三塁ベンチ前に転がる暴投となる。この球を谷繁が取りに行かず。慌てて三塁のルナが追いかけるが時すでに遅く、三塁走者だけでなく二塁走者まで生還させてしまった。

 

 このプレーで高木監督はすぐさま谷繁をベンチに下げ松井雅の交代を告げた。指揮官は「体が動いていない。あそこであんな風になって。出しとく意味ないでしょ。出したところで意味がないから松井に代えた」と谷繁の交代を説明した。屈辱の懲罰交代となった谷繁は「僕がちゃんと追わなきゃいけなかった。僕が悪いです」と反省の言葉を口にして球場を後にした。