焦る鷹ナイン「なぜこんなに勝てない」

2012年06月04日 12時00分

 ソフトバンクがついに交流戦最下位に転落した。3日のヤクルト戦(ヤフードーム)に1—5で悔しい逆転負けを喫した。これで引き分けを挟んで今季最悪の6連敗、借金は4にまで膨らんだ。

 鷹党の悲鳴とともに打球は左翼スタンドへ突き刺さった。1—0とリードして迎えた5回。先発の岩崎がつかまった。ミレッジの中犠飛で追いつかれると、なおも二死一、二塁からヤクルト4番・畠山に5号3ランを被弾。試合を決められた。(写真は初回、投手強襲の打球におののく岩崎)


 どこから歯車がかみ合わなくなったのか。昨季の交流戦では18勝4敗2分けと過去最高勝率で、ぶっちぎりの独走優勝を果たしたが、今季はこれで3勝9敗2分けとなりこれで引き分けを挟んで6連敗。交流戦最下位に転落だ。秋山監督は「なかなか流れを持ってこれない」と苦い表情。ナインからも「投打のかみ合わせが悪い。なぜ、こんなに勝てないのか」と焦りの声が出ている。

 交流戦の序盤にはチーム内から「去年のことは早く忘れるべき。借金を背負うことも覚悟しなければいけない」(チーム関係者)などという声があがっていた。だがここまでの大苦戦は想定外だった。ある球団関係者は「これだけは言いたくないが、結局、いなくなった和田、杉内、ホールトン、川崎の存在で昨季まで勝ててたということ」と苦虫をかみつぶした。

 首位ロッテとの差は8・5ゲームにまで拡大。3年連続のリーグVもかすみ始めた——。