ハレンチな愛称「ボボ」禁止

2012年06月05日 18時00分

 広島で小窪哲也内野手(27)の愛称をめぐってひと騒動となっている。

 チーム内で小窪は「ボボ」と呼ばれ、ファンにも浸透しているが、これは九州地方の方言では女性のアソコの呼び名。赤ヘルサイドはそれに気づき、球団幹部が九州出身の野村監督に聞き込み調査を行うなどして事実把握に努めた結果、「あまり表立って『ボボ』と言うのはやめようということになった。九州の人に変な思いをさせてしまうかもしれないので…」と〝禁止令〟が出された。

 赤ヘルの本拠地・マツダスタジアムでは、選手プロデュースメニューが販売されている。小窪にも「ボボのココナッツアイス」があるが、これにも球団サイドは神経ピリピリ。しかも8、9日にはホームでソフトバンク戦があるだけに「名前を変えることも考えないといけない」(球団幹部)という。

 甘いマスクで女性人気も高い小窪。「I LOVE ボボ」というプラカードを持って声援を送るファンもいるが、チーム関係者は「応援はありがたいが…」と困り顔だ。