佑ちゃん神宮で背信KO

2012年06月01日 12時00分

 日本ハム・斎藤佑樹が31日、ヤクルト戦に先発したが、4回8安打3失点の背信投球で4敗目を喫した。

 5回の攻撃時、三塁側ベンチにはぶ然としながら装着した左ヒジのレガースを外す斎藤の姿があった。「調子は悪くなかったです。(全ては)先制点を取られたことですね」。代打に送られたホフパワーの打席を見ながら、自身の不甲斐ない4回56球の投球に怒っていた。

 今季10度目の先発となったこの日は早大時代、東京六大学で31勝を積み上げた神宮球場でのプロ初登板。栗山監督は「斎藤佑樹とは何ぞや、というものをもう一度ここで見つめ直して欲しい。何を見せてくれるのか、個人的にはすごく楽しみ」と期待。本人も「一番思い出が詰まっている球場。成長した姿を見せたい」と意気込んでいた。


 しかし、結果は無残。初回に畠山、2回に相手相手先発のロマンに適時打を許すと、3回に再び畠山の2号ソロと失点を重ねた。神宮で好投し立ち直りのきっかけにするはずだったが、チームメートの信頼を失う背信登板となってしまった。

 降板後、ベンチではバッテリーを組んだ鶴岡に、次回に向けてカツを入れられたが、まるで能面のように無表情。ぼんやりとグラウンドを見つめていた。

 斎藤のふがいない投球が、ここまで8試合連続で1得点以下と不調のどん底にあえいでいたツバメ打線を見事に復活させ、ヤクルトの連敗ストップをアシストしてしまった。佑ちゃんが思い出の地で演じたのは、屈辱の〝噛ませ犬〟役だった。