〝野村さい配〟ズバリ!広島連勝

2012年06月01日 12時00分

 広島は31日、投打がかみ合った試合展開で西武戦(マツダスタジアム)に快勝し2連勝を飾った。この試合に先発した野村祐輔は8回3失点の力投を見せ、6回にはプロ初となる長打で初打点をマークするなど投打で活躍。ルーキーの活躍に呼応するように、赤ヘル打線は2夜連続となる2ケタ安打を記録。4番・ニックが2打点を挙げれば、今季初めて2、3番コンビを組んだ赤松と小窪も活躍するなど、野村監督の期待に応えた。

 ルーキー・野村が奪三振ショーでチームトップの前田健に並ぶ4勝目を手にした。中島や中村といった強打者が並ぶレオ打線。試合前には「素晴らしい打者がそろっているので気をつけたい」と警戒を強めていた。しかし本番では、そんな心配を感じさせない圧巻の投球を披露した。


 6回には一死二塁のチャンスで打席に入ると右翼線にプロ初の長打となる二塁打を放ち、初打点を挙げバットでも存在感を示した。

 ルーキーの奮闘に負けじと、打線が爆発。初回一死一、三塁から中前に先制適時打したニックは3回にも左前打で打点をマーク。この回は売り出し中の堂林も適時打し、西武・石井の攻略に成功した。

 2番に赤松、3番に小窪を起用する〝野村さい配〟もずばり的中。2人は揃って2安打を記録し、指揮官の期待に応えた。この連勝で借金を1ケタに戻した赤ヘル。よいよ追撃体制に入った。