3タテ危機の原監督「攻略法教えて」

2013年05月08日 11時00分

3回、藤井にホームランを被弾した杉内
3回、藤井にホームランを被弾した杉内

<巨人0-5阪神(7日)>巨人は7日、阪神に完敗した。先発の杉内は8回5失点。許した4安打のうち、3本が本塁打。最も警戒すべき新井貴には2打席連続弾を浴びるなど、本調子にはほど遠い内容だった。打線は相阪神を上回る6安打を放ちながら無得点は。脇谷の1番起用も効果なく、原監督はため息をつくばかりだ。

 マウンドではほとんど表情を変えない杉内が、珍しく悔しそうな顔を見せた。4回。大和の二塁打と新井良の四球で二死一、二塁から、新井貴に外角への直球をとらえられた。快音を響かせ舞い上がった打球はぎりぎりでフェンスを越えた。虎の主砲は3試合連続の本塁打と絶好調。警戒した相手にまんまとしてやられ、ベテラン左腕は肩を落とした。

 新井貴には7回にもソロ弾を打たれた。3回にも藤井彰には一発を浴びた。この日許した4安打のうち3本がホームラン。原監督「これだけ本塁打を打たれたら(勝つのは)難しいね」とため息をついた。

 昨年はノーヒットノーランを達成するなど、ソフトバンク時代から5月には好結果を残してきた。今年はどんな活躍ができるか、本人も「楽しみだね」と話していた。だがこの日は要所の制球が甘くなり、得意のチェンジアップも思い通りに決まらなかった。

 打線も今季3度目の対戦となったスタンリッジの攻略に苦しんだ。「変化球がほとんど低めに集まっていたし、両コースも広く使われていた」(村田打撃コーチ)。7回は先頭の阿部、ロペスの連打で無死一、二塁としたが村田は三ゴロ併殺打。長野も右飛に倒れ、最大のチャンスを逃した。

 打線のつながりを意識し、この日は脇谷を1番に起用したが、実らなかった。指揮官は「(打線は)ご覧の通り。チャンスでダブルプレーではね」とあきれ顔だった。

 前日(6日)はエース・能見にしてやられ、この日は投打で完敗し、今カードの負け越しが決定。さらに今日8日は左腕・榎田と対戦する。原監督が「攻略法を教えて欲しい」と報道陣にぼやくほど、チームの左腕アレルギーは深刻だが、なんとしても3タテだけは避けたいところだ。

 

ピックアップ