敵からも見下されたペーニャ

2012年06月01日 18時00分

 ソフトバンクの4番ウィリー・モー・ペーニャ(30)が深刻な状況だ。チームは28日の中日戦(ナゴヤドーム)で1―6と惨敗し、今季初の借金1。ペーニャはこの日も3三振、1併殺の4タコに終わり、実に30打席連続無安打。打率2割5分9厘まで下降した。

 

 ペーニャはすでに他球団から〝丸裸〟にされている。ある他球団スコアラーは「打率3割超あった時は、コンパクトに振ってたけど、最近はとにかく大振りが目立つ。甘い初球を見逃してボール球に手を出している」と分析。そればかりか「内、内と厳しいところを突いて、最後に外の変化球で攻めればOKというのが、11球団の共通認識になっているのでは」と配球パターンができているという。

 

 さらに中日の球団関係者からは「ウチの右の大砲を見習えばいい」と見下される始末。ブランコはこの日、8回に逆方向の右翼席へダメ押し2ランを放った。「昨季、ブランコは不振を極めたが、今季はやたらビデオを見てる。今日(28日)も試合前に斎藤佑樹から打った特大本塁打(25日=日本ハム戦)を見ていいイメージを膨らませて試合に臨んだからね。彼ももっと研究した方がいい」。ペーニャには何とも屈辱的なアドバイスだ。

 

 当の本人は「ドント ビー クレージー!(騒ぐな、大丈夫)」と涼しい顔だが、このままではチームも沈没しかねない。敵の助言に耳を傾けた方がいいかも…。