大黒摩季にV報告会だ

2012年03月31日 15時37分

 引き分けスタートとなった阪神だが、早くも7年ぶりのVを見据えて熱いプランを温めている。今季のチームスローガンは「Go for the Top 熱くなれ!!」。その「熱くなれ」を代表曲に持つ歌手・大黒摩季(42)との夢コラボだ。


 この日の開幕戦では大黒がビデオで応援メッセージを寄せた。阪神は昨年末にも「熱くなれ」と書かれた大黒の直筆色紙を贈呈されており、今回はそれに続いて本人からエールが届いた。実は球団では大黒本人を開幕戦の始球式に呼ぶことも検討したが、2010年8月から子宮疾患の治療を続けているため、体調に考慮して見送ったとのこと。とはいえ2度にわたって熱いエールをもらっただけに、このままの関係で終わらせたくない。


「今季の間に(始球式などで)来てもらうのは難しいけど、こちらから行くことはできるでしょう。やっぱり優勝したら…になるね。仮定の話はしたくないけど優勝したら具体的に動きますよ」とは球団幹部。優勝が大前提だけに、詳細はまだまだこれからだが、和田監督自らが大黒の元を訪れて〝優勝報告会〟を開くことや、大黒の体調次第ながらVパレードでの〝共演〟などが考えられるという。


 延長10回に及ぶ死闘を終えた和田監督は「(シーソーゲームの展開で)最後まで粘り強く、絶対にあきらめないという気持ちが出ていた。今日の引き分けをよしとして、また明日から新たな気持ちでやっていく」ときっぱり。大黒とのコラボを実現するためにも虎は負けられない。これまで以上に熱い戦いを繰り広げるつもりだ。