マー君〝里田さげまん説〟ハネ返せず

2012年03月31日 13時00分

 楽天の田中将大投手(23)が30日、ロッテとの本拠地開幕戦に先発したものの、まさかの6回7安打5失点(自責点2)で黒星を喫した。


 初回に先制点を許すと、5回には井口、ホワイトセルの連続二塁打で追加点を献上。6回には失策がらみで3失点し、降板を余儀なくされた。


 自身初の開幕投手、さらに球団創設8年目で初の本拠地開幕というメモリアルデーで気合が空回りしすぎたのか。どうやら、それだけではなさそうだ。

 

「将大が今年一番言われたくないのが『結婚したせいでダメになった』ということ。そのためにも、開幕は絶対に勝たなければいけなかった」(チーム関係者)


 この日、田中の両親と観戦したまい夫人の“さげまん説”が浮上することだけは阻止しようと田中は開幕前から燃えに燃えていた。開幕前日の29日は新妻の誕生日だっただけに、1日遅れのバースデープレゼントとして勝利を飾らなければいけなかったが…。その闘志は空転してしまった。


 試合後の田中は「情けないというか恥ずかしい」。次回登板から挽回するしかない。