長野初安打も…広島守乱で6年ぶり負け越し発進

2019年04月01日 16時30分

吉川の打球に飛びつく長野

 広島が6年ぶりに開幕負け越しスタートとなった。31日の広島戦(マツダ)で巨人に3―6で敗れ、打線は今季初2桁安打も得点につながらず、失点につながる守備の乱れも続出。新加入の長野が7回守備から移籍後初出場し、初打席で古巣から初安打を放つも、チームは悪い流れを変えることはできなかった。

 9回は先頭ビヤヌエバの三ゴロを安部がファンブルすると、続く小林の犠打処理で会沢が二塁へ高投。一死後、吉川尚を迎えた場面でベンチは外野に前進守備を指示したが、この布陣も結果的には裏目に出た。

 吉川尚の打球は、定位置であれば捕球できた左翼への飛球。長野は必死に背走してダイビングしたが一歩届かず、打球はグラブの先へ抜けていった。さらには送球ミスも重なり、この回致命的な3失点。長野は奮投の中崎を思いやり「捕ってあげないといけなかった」。ただ、緒方監督は「あれは難しい。誰でも捕れていないよ。前進守備させて。こっちがそういう指示を出してやっているわけだから」とベンチで責任を負った。

「ミスのない143試合なんてありえない」としつつ「いい形で追いついてね。終盤に守りきらなきゃ、こうやって負けにつながる」とチームを再度引き締めた指揮官。負けを引きずらずもギアを上げ、2日からの中日戦(ナゴヤドーム)で仕切り直しといく。