「なめてんのか」日本ハム・中田 意地のサヨナラ満塁弾

2019年03月30日 13時00分

 日本ハムの主砲・中田翔内野手(29)が意地の一振りで勝負を決めた。29日のオリックス戦(札幌ドーム)は3―3のまま延長に突入。10回に先頭の中島が二塁打で出塁し、犠打で一死三塁とすると、相手ベンチは2連続申告敬遠で4打数無安打だった中田との勝負を選択した。これに「なめてんのかと思いました」と闘志を燃やし、怒りのフルスイングで左中間席にサヨナラ満塁弾を放り込んだ。

 ただ、打席に入る前は意外にも冷静だったようだ。中田は「ベンチに座っている段階で(2連続申告敬遠は)あると思っていました。普通に考えて、一番併殺の確率が高い自分に来るとは思っていた」と振り返る。


 サヨナラ本塁打は自身3本目。チームに4年ぶりの開幕戦勝利をもたらし「毎年うまくいかなかったが、大きな声援が力になった」と最後まで上機嫌だった。