ダルビッシュ 元チームメートと熱いハグ

2019年03月29日 12時00分

【テキサス州アーリントン発】カブスのダルビッシュ有投手(32)は28日(日本時間29日)、敵地でのレンジャーズとの開幕戦前にブルペンで投球練習した。試合開始およそ3時間半前にかつての本拠地グローブライフ・パークのグラウンドに足を踏み入れると、ブルペン捕手らを相手にキャッチボールを6分ほど行うと、左中間にあるブルペンに向かった。カラティニ捕手を相手に立ったまま9球。座ってもらってからはストレートを中心にチェンジアップ、スライダーなどを交え、徐々に力を強め、計21球を投げた。

 ブルペンを出ると右翼で練習を始めたばかりのレンジャーズナインの元へ。メジャーデビュー当時の正遊撃手アンドルスら元チームメートと熱いハグを交わしていた。

 クラブハウスに戻ると待ち構えていたテキサスとシカゴのメディアからの取材に「状態はいい」「(こうしてここに戻ってきた)意味はたくさんあると思う」などと、英語で応じたが、チームミーティングが始まるため2分ほどで終了。

 ダルビッシュは2戦目の30日(同31日)に先発する。“凱旋登板”を白星で飾ることはできるか。