引退イチロー プロ28年貫いた野球愛

2019年03月22日 12時00分

語り尽くしたイチローが会見場を後にしたのは午前1時20分ごろだった

 ――引退を決めたタイミングは

 イチロー キャンプ終盤ですね。もともと日本でプレーするところまでが契約上の予定だったが、キャンプ終盤に結果を出せずに、それを覆すことができなかった。

 ――後悔はあるか

 イチロー 今日のあの球場での出来事、あんなものを見せられたら、後悔などあろうはずがありません。自分なりに頑張ってきたということははっきりと言えるので、これを重ねることでしか後悔を生まないということはできないと思います。

 ――印象に残るシーン

 イチロー 時間がたったら、今日のことが思い浮かぶことは間違いないと思います。去年の5月以降、ゲームに出られない状況にあって、その後もチームと一緒に練習を続けた。それを最後まで成し遂げなければ、今日のこの日はなかった。ささやかな誇りであった。

 ――現役生活で貫けたこと

 イチロー 野球のことを愛したこと。これは変わることはなかった。

 ――引退を決めた理由を改めて教えてほしい

 イチロー マリナーズ以外には行く気持ちがなかったということは大きい。

 ――今後については  イチロー 何になるんだろうね。監督は絶対無理です。これは絶対が付きます。人望がない。子供なのか、中学生、高校生、大学生なのか分からないけれど、それ(指導)には興味あります。

 ――日本での開幕2連戦を振り返って

 イチロー やっぱり一本ヒットを打ちたかった。

 ――50歳現役を目標にしていた

 イチロー「最低50歳まで」と本当に思っていたし、それはかなわず有言不実行の男になってしまったけど、言わなかったらここまで来られなかった。

 ――後輩たちに託すこと

 イチロー(菊池)雄星のデビューの日に引退を迎えたのは何かいいなあと思っていて「ちゃんとやれよ」という思いです。(エンゼルスの大谷)翔平はちゃんとケガを治して、世界一の選手にならなきゃいけないですよ。

 ――大谷との対戦はかなわなかった

 イチロー 残念ですけど、できれば僕がピッチャーで、翔平バッターでやりたかった。

 ――大谷はどんな選手になっていくと思う

 イチロー 1シーズンごとに投手、打者としてサイ・ヤング賞とホームラン王を取ったら…そんなこと考えることすらできないが、翔平はその想像をさせる。その二刀流は面白いと思う。投手として20勝するシーズンがあって、その翌年に50本打ってMVPを取ったら化け物ですよね。

関連タグ: