日本ハム・斎藤 アスレチックス相手に一発浴びるも2回1失点「いい経験」

2019年03月18日 17時22分

2回を投げ1失点だった斎藤佑樹

 日本ハム・斎藤佑樹投手(30)が18日、アスレチックスとのプレシーズンゲーム(東京ドーム)に先発し、2回を投げて1失点と意地を見せた。

 初回、先頭・グロスマンを遊直に打ち取るも、続くチャップマンには四球。それでも要所を変化球で攻める投球でオルソンを空振り三振に仕留めると、昨季のア・リーグ本塁打王・デービスも中飛に打ち取る好投を見せた。

 メジャーの洗礼を浴びたのは2回。先頭のピスコッティに甘いコースに入った球をしっかり捉えられ、左翼スタンドへ。先制点こそ奪われたものの、テンポは崩さず計31球を投げ、この回でマウンドを降りた。

 斎藤は「本塁打を打たれたのは悔しい」としつつも「メジャーリーガー相手に投げるのはいい経験になりました。野球選手として楽しいゲームでした」と充実した表情でコメント。栗山監督も「ずっと0で抑えてきてるし(前回登板の)甲子園でも、今日もいい意味でそういう雰囲気が感じられた。このまま意識せずにいってほしい」とエールを送った。

 斎藤はここまで2回を中心に短いイニングでの投球が続いているが、オープナー起用を含め、今後の起用法については未定であることを強調した指揮官。「目の前の打者を抑えることに集中し、あとの起用法は監督にお任せします」と話す斎藤の言葉からも、与えられた使命をがむしゃらに全うしていく構えだ。