斎藤佑にメジャーの洗礼 ピスコティが左翼席に一発

2019年03月18日 13時14分

初回、4番デービスを中飛に打ち取る斎藤佑樹

 日本ハムの斎藤佑樹投手(30)が18日、アスレチックスとのプレシーズンゲーム(東京ドーム)に先発し、2回を投げて1失点だった。

 初回、先頭打者・グロスマンを遊直に打ち取るも、続くチャプマンには四球で出塁を許す。それでも要所を変化球で攻める投球でオルソンを空振り三振に仕留めると、昨季のア・リーグ本塁打王・デービスも中飛に打ち取る好投を見せた。メジャーの洗礼を浴びたのは2回。先頭打者のピスコティに甘いコースに入った球をしっかり捉えられ左翼席へ。それでも先制点こそ奪われたものの、テンポは崩さずに計31球を投げ、この回でマウンドを降りた。