オリックス宮内オーナー「冥土の土産」にV熱望

2019年03月13日 20時45分

 オリックス・宮内オーナーが冥土の土産?にチームの優勝を熱望した。

 13日に大阪市内で開かれた激励パーティーであいさつした総帥は「チームにビッグネームはいないけど、これからビッグになっていく選手がここにいます」と若手の奮起に期待。

 一方で「私もオーナー界では一番の年(83歳)になった。ひょっとして…冥土の土産がないままに、えんまさまに会うのは非常にまずい。早いとこ、土産を作ってもらいたい。焦っております」と自身の高齢をネタにチームにハッパをかけた。