イチロー14打席連続無安打 打率1割切った

2019年03月11日 11時30分

【アリゾナ州ピオリア発】マリナーズのイチロー外野手(45)は10日(日本時間11日)、インディアンスとのオープン戦に「8番・左翼」で出場し、2打数無安打2三振だった。6回の守備から退いた。チームは2―16で大敗した。これで四球を挟んで14打席連続無安打。オープン戦の通算成績は22打数2安打2四球7三振で、打率は9分1厘と1割を切った。

 2回一死二塁の第1打席は、最近2年間で35勝の右腕カラスコと対戦。カウント1―2と追い込まれて4球目の低めのスライダーを空振り三振。5回先頭は2番手の右腕プルッコにカウント2―2から7球目の外角高めスライダーで空振り三振に斬られた。

 マイナー契約のイチローは招待選手としてメジャーのキャンプに参加している。この日、5人の招待選手がマイナーのキャンプ行きを通告された。日本での開幕戦が組まれていなければ6人目だったかもしれない。

 日本で20、21日に行われるアスレチックスとの開幕2連戦では、イチローはメジャー契約して出場することは間違いない。だが現状の打撃の状態では米メディアが予想するように、日本遠征後にシアトルで26日(同27日)に行われるパドレスとのオープン戦で現役生活に幕を引く可能性が高そうだ。

関連タグ: