阪神は9回に追いつかれ初白星逃す

2019年03月09日 17時52分

 阪神は9日、日本ハムとのオープン戦(甲子園)で3―3の引き分けに終わり、初白星はならなかった。

 先発・岩貞が4回2安打無失点と開幕ローテーション入りを確定させる好投を見せると、打線は同点で迎えた7回一死二塁、鳥谷が中前打。二走マルテの激走もあり勝ち越しに成功すると、球場のムードは最高潮に達した。しかし9回、藤川がリードを守れず、再度同点に追いつかれ、そのままゲームセット。

 前日(8日)の楽天戦(倉敷)で5連敗を喫した際には「ファンに面白いと思ってもらえる試合をしなければ」と語った矢野監督だが、甲子園初采配を白星で飾ることはできなかった。