長嶋さん「丸のバッティングを見たい」山口オーナーが近況説明

2019年03月07日 21時02分

 巨人の長嶋茂雄・終身名誉監督(83)の近況が7日、明らかになった。

 この日、大阪市内で財界人による巨人応援団「関西燦燦会総会」が開かれ、原辰徳監督(60)、コーチ陣、選手代表が激励を受けた。総会後、取材に応じた山口寿一オーナー(61)は長嶋氏について「(次女の)三奈さんから時々、(状態を)聞いています。胆石については改善している」と説明。さらに「今は一生懸命リハビリをされている。入院が長引いてしまったので、さすがの長嶋さんでも足腰が衰えたということなので、リハビリが整ってくれば東京ドームに来てもらえるものだと思ってます」と順調に回復しているという。

 時期に関しては未定としながらも「非常にお元気で新聞はよく読んでいる。『丸に会いたい』とよく言っている。丸のバッティングを見たいと。そういう気持ちは非常に強いので、東京ドームに姿を現そうと思って取り組んでくれているんだと思いますよ」と山口オーナーは近い将来の本拠地来場を期待していた。