日本ハム・斎藤の好調の裏に移籍・金子の存在 アドバイス内容は「企業秘密です」

2019年03月07日 16時30分

斎藤(左)は金子に心酔している

 今季の復活にかける日本ハムの斎藤佑樹投手(30)が、知られざる好調の要因について明かした。

 ここまで対外試合に2試合登板し、計5イニングを無失点に抑える好投。3日に登板が予定されていた試合は雨天中止になったものの、9日には阪神とのオープン戦(甲子園)での登板が予定されている。ルーツとも言える甲子園での登板に大きな注目が集まるが、斎藤自身は「どこで投げるかでなく、結果を残すだけです」と静かに闘志を燃やす。

 勝ち星なしに終わった昨季の雪辱に燃える斎藤は、オフから試行錯誤を繰り返していたが、今季からチームに加わった大投手の存在が大きい。「金子(弌大)さんとは、よく野球の話をさせてもらいます。技術論の話がほとんどですね」

 今季の理想の投球スタイルに「変化球を武器に攻めること」を挙げている斎藤にとって、球界ナンバーワンともうたわれる技巧派右腕の加入は、まさに教科書のような存在。春季キャンプ中にはキャッチボールをする姿も見られたが「あれだけの選手だと、回転数などキャッチボールから球が違う」と目を輝かせた。

 そんな金子との野球談議の内容は「企業秘密です」。明かせない内容がほとんどではあるものの「基本的なことではありますが、投球の組み立て方は金子さんから学ばせてもらいました」と、その一端を明かした。

「最初から際どいところを攻めるのではなく、まずは直球を中心にストライクゾーンに入れることを意識する。そうすれば自然とファウルなどでカウントは稼げますし、最後に決め球である変化球で三振を取ることができるわけなので」

 際どいコースを攻めすぎた結果、四球から崩れた昨季と違い、今季の斎藤は強気にストライクを狙いにいくスタイルで結果を残している。

 これまで特定の選手に師事することが少なかった斎藤にとって、今回のケースはまさに異例とも言える。好調キープの裏では“金子塾”への入門が、その一助になっていた。