阪神マルテ 三塁起用に「もともと一番得意だと思っているポジション」

2019年03月06日 11時00分

三塁手としても起用されるマルテ

 阪神の新助っ人ジェフリー・マルテ内野手(27)が9日の日本ハムとのオープン戦(甲子園)から、三塁手としても起用されることとなった。

 ここまでは一塁手で出場していたが、三塁手の大山悠輔内野手(24)が侍ジャパンの強化試合で抜けるため、矢野燿大監督(50)は「シーズンでもあり得ることだから、三塁でも使ってみたい」と判断した。

 マルテは「(三塁は)もともと一番得意だと思っているポジションなんで特別意識することはない。心の準備はできている。チームの勝利に貢献できるよう頑張る」と自信満々だが、肝心の打撃に快音が出ない。

 5日のシート打撃でも2タコで、オープン戦2試合を含めた実戦形式で計17打席連続無安打と湿ったままだ。三塁守備以上にバットで名誉挽回といきたいが…。