巨人育成3年目右腕・坂本工が支配下選手に

2019年03月02日 17時18分

会見に臨んだ坂本工宜

 巨人は2日、育成3年目の坂本工宜投手(24)と支配下選手契約を結んだことを発表した。背番号は「58」。

 東京ドームで行われた会見に臨んだ右腕は「ここまで支配下を目指して一生懸命やってきた。地道な練習やなにくそという気持ちがあったから、支配下になれたと思っている。練習はウソをつかないということもよく分かった」と力強くコメント。さらに「まだスタートラインに立っただけ。しっかり勝てる投手になりたい」と意気込んだ。

 関学大で準硬式に入部し、本人の強い希望で野手から投手へ転向。同大での活躍が評価され、16年に育成ドラフト4位で巨人へ入団を果たした。順調に成長を遂げ、今年の那覇キャンプから一軍に昇格。23日に行われた楽天とのオープン戦(那覇)では1回1/3を無安打無失点に抑え、猛アピールを続けていた。

「準硬式からでも関係なく、プロでしっかり通用するところを今後見せていきたいと思う」。強い成り上がり根性を持つ育成出身の3年目右腕に期待大だ。

関連タグ: