ダルビッシュが田沢とキャッチボールで変化球確認

2019年03月02日 12時00分

【アリゾナ州メサ1日(日本時間2日)発】カブスのダルビッシュ有投手(32)と田沢純一投手(32)は1日(日本時間2日)、バッテリー間の距離で変化球を投げ合うなどキャッチボールを約10分間行い、その後は投ゴロ処理などの守備練習、野手陣も交えた投内連係プレーの練習と、ほぼ同じメニューで汗を流した。前日、ブルペンで投球練習を行ったダルビッシュは入念に投球フォームを調整。「この時期のここ(アリゾナ)はボールが滑りますね」と話す田沢はボールと指の掛かり具合を確認した。両投手は3日(同4日)のホワイトソックス戦とのオープン戦で登板する。