イチロー インディアンス戦で昨年4月以来の定位置も3タコ

2019年02月28日 11時30分

【アリゾナ州グッドイヤー発】マリナーズのイチロー外野手(45)は27日(日本時間28日)、インディアンスとのオープン戦に「7番・右翼」でスタメン出場し、3打数無安打2三振に終わった。6回の守備から交代した。昨年4月22日のレンジャーズ戦以来、久しぶりに右翼を守ったが守備機会はなかった。

 2回無死二塁の第1打席は先発右腕プルッコと対戦し、2球目のチェンジアップを打ち上げて平凡な中飛。3回一死一塁の第2打席は2番手の右腕ラミレスのカーブに空振り三振。6回先頭の第3打席も4番手の右腕ロドリゲスのワンバウンドするカーブに空振り三振を喫した。

 この日の3タコでオープン戦の通算成績は、9打席で8打数1安打2打点、1四球、3三振。打率は1割2分5厘となり、7打席連続で安打なしと苦しんでいる。また、守備機会もここまでゼロ。真価発揮とは程遠い状態だ。

関連タグ: