西武「1番・金子侑、3番・秋山」に辻監督「今はいろんなことを見ながら」

2019年02月24日 14時40分

 西武は24日、ロッテとの練習試合(高知・春野)で前日(23日)の同戦に続き「1番・金子侑、3番・秋山、6番・外崎」のプランAオーダーを試した。

 前日は3回に俊足・金子侑が内野安打で出塁すると、一死一塁からランエンドヒットで“ポイントゲッター”秋山が右中間を深々と破る二塁打。一塁から金子侑が一気に生還した。

 秋山は「金子が走者だと(相手投手の)真っすぐが増えて、変化球だとあいつが走れる。自分はしっかりタイミングを取って振れました」と3番としての読みで打った一打を振り返った。

 辻監督は「金子が一番に入ったらこういう形になる。そこでいろいろ秋山が考えていくでしょう。その意味で1、2番に足があるのはいい。金子が1番に入ってくれたらこうなるし、入らなかったら違う形になる。今はいろんなことを見ながら一番いい形になればいい」と語り、今後「1番・外崎、3番・秋山」「1番・秋山、3番・外崎」「1番・秋山、3番・森」などいくつかのパターンを試していく方向性を示した。