日本ハム・吉田輝星 メジャースカウト絶賛

2019年02月06日 16時30分

気迫あふれる投球を披露する吉田

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18=金足農)が、沖縄・国頭で行われている二軍キャンプ第2クール初日の5日、今キャンプ2度目になるブルペン投球を行った。

 この日は同期の田宮(成田)を捕手にブルペン入り。直球を中心にカーブを10球、スライダーを3球織り交ぜながら計50球を投じた。さらに、昨夏の甲子園で印象を残したノーワインドアップの投球フォームを披露。集まった多くのファンを沸かせた。

 吉田輝本人は「周りからは良くなってると言われますが、そんなに変わりません」と落ち着き払った様子。「指にかかってる球もありますが、それも甘いので。日に日に良くはなってるとは思います」と話すにとどめた。

 それでも、外部からの評価は上々だ。この日、視察に訪れたフィリーズの大慈彌功スカウト(環太平洋担当部長)は「指にかかったときの(直球の)質がいいよね。おととい(楽天キャンプで)則本の直球を見てきたけど、それに匹敵する」と、吉田輝が憧れる右腕と並べるほど高評価。得意のカーブについても「いいブレーキが利いている。アメリカには、いいカーブを投げる投手が少ないから(将来的には)通用するかもね」と大きな期待感を口にした。

 ストイックな吉田輝だけに現状に満足することはないが、メジャーのスカウトから送られた賛辞は大きな励みになるはずだ。

関連タグ: