巨人・菅野 新背番号「18」で新たな決意

2019年02月01日 16時30分

宮崎神宮の参道を歩く菅野(左)と坂本

 巨人・菅野智之投手(29)が万全の状態で、プロ7年目のキャンプを迎える。29日に入ったブルペンでは、自ら「目に見える課題が見つからない」と語るほどコンディションは順調だが「キャンプで課題はたくさん見つかると思うし、一つひとつ克服してやっていきたい」と気を引き締めた。

 絶対エースであり、選手会長として、坂本勇主将とともにチームのまとめ役も務める。合同自主トレ中には新戦力と交流を深め「すごくいい時間だったと思いますし、新しく入ってきた選手も…特に丸も溶け込んでいると思う。いい雰囲気だったと思います」と振り返った。31日に宮崎神宮での参拝を済ませ、参道を歩く姿も風格が漂う。「目標は日本一になることだけ。僕だけじゃなくてチーム一丸となって、その中心で頑張っていけたらと思います」。背番号18で始まるシーズンを見据えていた。

関連タグ: