オリ新外国人・メネセスはドラゴンボール好き「悟空になりたい」

2019年01月28日 17時40分

入団会見を行ったメネセス(右)

 オリックスは28日、大阪市内の球団施設でメキシコ出身の新外国人、ジョーイ・メネセス内野手(26=フィリーズ3A)の入団を発表した。背番号「33」に決まったメネセスは「パワーが自慢。打撃を見てもらえればと思う。数字の目標はない。チームのために一生懸命やるだけ」と意気込んだ。

 昨季は3Aのリーグで23本塁打を放ち、本塁打王に輝いた右の長距離砲。メジャー経験こそないが、打率3割1分1厘、82打点と好成績を残した。「相手投手のビデオチェックは好きではない。基本は見ず、その日の投手(の状態)に合わせて打つのが僕のスタイル」と自信をのぞかせた。

 大好物はメキシコ料理のトルティーヤで「3食のうち1食は食べるし、3食のときもある」ほど。さらにアニメ「ドラゴンボール」にハマっているようで「ヒーローは悟空だよ。メキシコでもやっているし、映画も見た。彼のセリフやどう戦っているかがかっこいい。野球を終えたら悟空になりたい。打席でスパーサイヤ人になる? もちろんだよ」と笑顔を見せた。オリックスで“カメハメハ砲”がサク裂するか!?