阪神・横田 大腸がん公表の原口にエール「一緒に一軍でプレーを」

2019年01月26日 11時00分

主トレを行った横田

 大腸がんであることを公表した阪神・原口文仁捕手(26)にチームメートから続々とエールが送られた。

 25日、兵庫・西宮市内の鳴尾浜球場で自主トレを行った横田慎太郎外野手(23)は、2017年に脳腫瘍になり、現在も完全復活へ向け、育成選手として奮闘中だ。自身の現状を踏まえ「人間的にも素晴らしい先輩が、あのような病気になってしまいビックリした。原口さんなら絶対に一軍に戻ってくると思う。(また一緒にプレーできるよう)自分も負けずに必死で練習したい」と語った。

 09年のドラフト同期で同学年ということもあり「一番仲が良かった」と語る右腕・秋山拓巳投手(27)は、発表前日に原口から連絡を受けたことを明かし「何をしてあげられるか分からないが、術後の治療などでストレスがかからないようにしてあげたい。今までいっぱいケガをしながらも治してきた。頑固なのでリハビリもクソまじめにやると思う。頑張ってほしい」とエール。原口が育成選手だった時にも「自分の投球を見に甲子園まで来てくれた」と明かし、自身が一軍のマウンドで活躍する姿を病床の親友へ届けると決意した。