オリ東野が長州力の事務所と契約

2013年03月22日 11時24分

 巨人からオリックスに移籍の東野峻投手(26)がプロレスラー・長州力(61)の個人事務所「ロストワンズ」とマネジメント契約したことが明らかになった。

 

 東野は、かつて巨人時代、登場曲に故橋本真也さんの「爆勝宣言」を使用するなどプロレスファンで、長州のテーマ「パワーホール」を目覚まし変わりにしていたほど。尊敬する長州に晴れて“弟子入り”できたとあって「事務所の人と知り合いでこういう形になりました。これまでもいい席で見せてもらったりしてました。頑張ります」と喜んだ。

 

 一方の長州も東野を高く評価。「彼の“なにくそ”という反骨心は大したもの。そうでなければジャイアンツであそこまで上れない。オリックスという新しい環境でも頑張ってほしい。たまったマグマがバーンと爆発するようなね。球界のど真ん中を歩くようなインパクトある選手になってほしい」とエールを送り、革命魂で東野をサポートしていく考えだ。

 

 オリックス関係者は「異業種のアスリートと同じ所属になるのはとてもいいこと。事務所さんと連絡を取り合っていきたい。マット界のビッグネームですし、いい形で交流していけたら」と今後の展開に期待を寄せる。ビールのCM出演で人気再燃の長州と新天地での復活に燃える東野。球場などでのコラボが実現するかもしれない。