阪神・藤浪「いい感覚ではあります」

2019年01月13日 16時30分

生き残りに必死の藤浪

 阪神・藤浪晋太郎投手(24)が12日、西宮市内の鳴尾浜球場で自主トレを行った。この日の最低気温は1度。冷たい風の吹く中、入念にランニング、ストレッチなどで体をほぐすとキャッチボール後、今年初のブルペン入り。平田二軍監督が見守る中、捕手を立たせて直球を32球、さらに捕手を座らせて10球。計42球の大半は腕を大きく振りかぶって投げ込んだ。

 藤浪は「振りかぶって投げたのは、そのほうがリズムがいいから。ノーワインドでもセットでもこだわりはない」と説明。「いい感覚ではあります。これまで継続してきた体幹トレーニング、ウエートトレーニング、フォームとリリースの確認などが(結果として)出てきたと思う。(アップ後の)キャッチボールの時からいいなと思ってた」と手応えも口にした。

 平田二軍監督も「意気込みを感じた。いい顔してたよ。1年間俺の手元(二軍)にいたら困る? 当たり前やろ!」と手放しで褒めちぎってからこう続けた。「今年は期すものがあるんだろ」

 2015年にキャリアハイの14勝、221奪三振をマークして以降は、制球難に悩み低空飛行が続いている藤浪。今オフは年俸3600万円減の8400万円(推定)で更改し「プロとはそういうもの」と厳しい現実を味わった。

 昨オフはダルビッシュらと米国・ダラスで、今オフは騎手の武豊がプロデュースするジムでヨガを取り入れたトレーニングにも取り組んだ。方々の門を叩きながら現状打開を模索する日々が続く。

 西、ガルシアの加入に加え、才木、望月らの若手勢も台頭する虎ブルペン。もはや藤浪の開幕ローテ入りは何ひとつ保証されていない。背水の大器右腕は果たして復活できるのか。