阪神・金本前監督が「ナイトスクープ」に6年ぶり出演「やるもんじゃなかったね」

2019年01月11日 21時32分

西田局長と金本前監督

 阪神の金本知憲前監督(50)が11日、大阪市内のABCテレビで行われた人気番組「探偵! ナイトスクープ」の公開収録に参加し、番組顧問として局長の西田敏行(71)らと軽妙なやりとりを披露した。

 金本前監督の出演は6年ぶり4回目。冒頭で西田局長から昨季まで3年間務めた虎指揮官の労をねぎらわれると、冗談交じりに「やるもんじゃなかったね」とこぼし、爆笑を誘った。

 シニア陸上で現役バリバリの90歳の祖父と短距離走対決をしたいという視聴者からの依頼を、お気に入りに挙げた金本前監督は、収録の合間に報道陣の取材に応じ「俺も孫が欲しくなった」と笑顔で語り、将来的に孫と野球をしたいかとの問いには「肩が悪くて俺は投げられないから、孫にピッチャーをさせて俺は打つ方かな」と、しみじみ話した。

 今回収録された内容はABCテレビでは2月8日に放送される。