西武ドラ7佐藤龍世 大漁旗持って入寮

2019年01月07日 16時59分

大漁旗を持って入寮した佐藤

 西武のドラフト7位・佐藤龍世内野手(21=富士大)が7日、大漁旗を手に若獅子寮に入寮した。

「改めて気が引き締まります。まずは一軍を目指して頑張りたい。自分らしくハツラツとプレーしたいです」と話す佐藤の実家は、カキで有名な北海道の漁師町、厚岸町だ。年末年始に帰省した際、多くの友人、漁師仲間から「俺たちのことを忘れるなよ」という思いを託され大漁旗を贈られたという。

 仲間の思いを胸に、佐藤は「岩手と北海道にいたので所沢は暖かい。早く一軍で活躍する姿を見せたいですね」と抱負を語った。