巨人・村田修一コーチ ヤングGに“男魂”注入だ!

2018年12月31日 11時00分

2年ぶりに巨人に復帰した村田ファーム打撃コーチ

 巨人に“男魂”を注入だ。昨季限りで現役を引退した村田修一ファーム打撃コーチが野球人生の新たな一歩を踏み出した。横浜―巨人―BCリーグ・栃木と3球団を渡り歩いた希代のスラッガーは、どんな理想の指導者像を描いているのか――。後進育成に燃える“男・村田”に意気込みを聞いた。

 ――コーチ業には慣れましたか

 村田コーチ(以下村田) まだまだ、これからですね。まずは選手一人一人の特徴や性格をつかまないと。その選手のことをよく知らないと、教えられるものも教えられませんから。

 ――巨人から指導者オファーを受けた心境は

 村田 うれしかったですよ。しゃべる仕事をしようと思っていた矢先に声をかけてもらったので、オフは仕事をたくさん入れてしまいましたけれどね(笑い)。

 ――「まだ選手としてやれる」という声も

 村田 いやいや、そう言ってもらえるのはうれしいことですが、もう体が動きませんよ。気持ちを切り替えてしまっていますから。僕はもう、コーチです。

 ――ではコーチとしてどんな第一歩を

 村田 選手とのコミュニケーションを深めることですね。まずは一度、酒を飲んでみないことには本音も分からない。杯を傾けながら、それぞれどんな考えを持っているのか聞いてみたい。

 ――飲みニケーションは“田代流”ですね

 村田 僕も若い頃は田代さん(DeNA打撃コーチ)にそうやって横須賀で育ててもらいましたから。田代さんのように選手たちと一緒に酒を酌み交わして、どんな野球観を持っているのか、しっかり話を聞いて向き合っていきたいですね。

 ――2年ぶりの巨人復帰で感じたことは

 村田 独立リーグのレベルに慣れていたからか、三軍でもBCリーグの選手よりはちょっと上手い選手が多いかな。さすがにドラフトにかかってきただけあるな、と思って見ています。ただ気持ちや体の強さでは、独立リーグの選手たちに負けている選手もいる。両方を見てきた自分だからこそ、伝えられることを伝えていきたいです。

 ――ところでファーム担当は希望だったとか

 村田 正直、一軍の選手に関して「教える」ということはほとんどありませんからね。俊哉(杉内)も話していましたが、若い選手を一軍に送り出してみたいという気持ちが強かったし、コーチとしての経験を積む意味でも、まずはファームからやらせていただいて良かったと思っています。

 ――指導者経験という点では、ファームには内田、小谷コーチという大ベテランがいます

 村田 そこは本当に大きい。内田さんは現役時代から知っているし、指導の引き出しが多い人。小谷さんも横浜時代から知っているし、どんなタイミングで声をかけるのがベストなのか、どういう距離で教えていくのがいいのか。2人から色々聞いて勉強していきたいと思っています。

 ――では指導者1年目の抱負を

 村田 一軍の戦力になる選手を一人でも多く送り出したいですし、それだけではなく、いち社会人としても通用するしっかりとした人間を育てていきたいです。