巨人・菅野がゴジラ超え! G日本人史上最高の6億5000万円

2018年12月17日 14時59分

来年の目標を掲げる菅野

 巨人・菅野智之投手(29)が17日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉を行い、球団では日本人選手史上最高額となる2億円増の6億5000万円でサインした。

 今季も不動のエースとしてチームをけん引した。最多勝(15勝)、最優秀防御率(2・14)に加え、目標としてきた10完投(8完封)、自身初の200イニング超え(202)など圧倒的な成績を残し、史上5人目となる2年連続での沢村賞に輝いた。

 菅野の年俸は入団から右肩上がり。3年目(2016年)に1億1000万円で大台突破すると、2億3000万円(17年)、4億5000万円(18年)にハネ上がった。これまで球団の日本人選手では松井秀喜の6億1000万円(02年)が最高額だったが、菅野は“ゴジラ超え”を果たした格好だ。日本球界でも04、05年の佐々木主浩(横浜)に並び、日本人最高年俸となる。

 契約を終えた菅野は「すごくいい評価をしていただきました」と笑みを浮かべたが、慢心はない。来季からは巨人のエースナンバー背番号「18」を背負う。最大の目標は5年ぶりのリーグ優勝と日本一奪回で、個人的には「もうちょっと勝ち星を伸ばしたいなと思っていて、来年は20勝と沢村賞の全項目をクリアしたい」と、さらなる飛躍を誓った。

(金額は推定)

関連タグ: