阪神・矢野監督 藤川の守護神復帰に期待「球児でいいんじゃないかという思いもある」

2018年12月16日 11時00分

 阪神・矢野燿大監督(50)が、藤川球児投手(38)に大きな期待を寄せている。15日午前に生出演したテレビ番組で「ストッパー? 球児でいいんじゃないかという思いもある。経験もあるし、状態さえよければ」と発言。今季は主に中継ぎで53試合に登板し、防御率2・32と安定した成績を残した右腕の“再転向”を示唆した。

 同日午後、チャリティーファンミーティングを終えた指揮官は「リードしている試合は勝ち切りたい。(反撃を)諦めさせるという面でも、抑えは固定したい」と強調。ドリスらのライバルもいるが「その中でも、もちろん可能性は高い。試合の最後は固定したいという意味でも、今季は遜色のない内容だった」と38歳右腕をクローザー候補の筆頭に挙げた。

 過去2度の最多セーブに輝いた藤川も「人生ではチャレンジするほうが面白い」と話すなど守護神の座に前向きだ。