阪神・鳥谷が現状維持4億円でサイン 来季は遊撃手に再挑戦

2018年12月05日 14時39分

現状維持でサインした鳥谷

 阪神の鳥谷敬内野手(37)が5日、兵庫・西宮市の球団事務所で契約更改に臨み、現状維持の年俸4億円でサインした。

 来季で5年契約の最終年を迎える鳥谷は「個人的には、なかなか試合に出場することができなくて悔しいシーズンだった。チームとしても6位だったんで苦しかった」。今季は開幕二塁スタメンでスタートしたものの、不振で出番が減少。121試合出場もベンチを温めていることが多く、打率2割3分2厘、1本塁打と低迷した。

 雪辱に燃える来季は本業だった遊撃手に再挑戦する。若手の北條らライバルはいるが「毎日グラウンドに立てる状態にしていきたい。オフ、キャンプとしっかりやっていく。一番はチームの優勝でその一員として1年間戦えるようにしたい。個人的には、まだ若い選手に負けないぞという気持ちもありますし」と話していた。

(金額は推定)