阪神ドラ1・近本が新庄2世襲名誓う

2018年12月04日 16時30分

矢野監督(左)と握手する近本

 阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24=大阪ガス)が3日、大阪市内で新入団発表会に臨み“新庄2世襲名”を誓った。

 かつて新庄剛志氏(顔写真)がつけていた背番号5に決定した金の卵は「新人王と盗塁王を狙って、一年間頑張っていきたい」とキッパリ。すでに新庄氏のプレー映像で研究しているといい「強肩だからアウトになるんではなくて、しっかりストライクボールを外野から投げられることが大事。肩の強さよりも、やっぱり正確性が重要だと感じた」とうなずいた。

「宇宙人」と評されたキャラクターもお手本にするつもり。「プロ野球選手になったからにはファンを楽しませたい」と、しゃべりでも“新庄流”を踏襲するという。矢野監督も「新人王と盗塁王と言うのはたいしたもの。みんなの前で言うというのは自分にもプレッシャーが掛かる」と期待を込めた。

 さらに、チーム関係者は「背番号5をつける選手があまり活躍できないという状況が近年はある。ただ、本来は主力がつけるべき価値ある番号。近本はすでに足は一軍レベルだしハートも強い。それこそ新庄のような活躍をしてこの番号を縁起のいい番号にしてもらいたい」とハッパを掛ける。

 過去には新庄氏以外にも北村照文氏や平野恵一氏(現一軍打撃コーチ)らの名手が背負ったが、最近つけた西岡やゴメスがイマイチ活躍できないまま退団したため印象は悪化。そのため近本に背番号5の“負のイメージ”の打破が求められているのだ。

 まずは開幕一軍を目指す近本は、新庄氏並みに甲子園を沸かせることはできるか。

関連タグ: