西武・森友哉 倍増8000万円でサイン「う~ん、いい感じです」

2018年12月03日 17時01分

契約を更改した森友哉

 西武・森友哉捕手(23)が3日、所沢市内で契約更改交渉に臨み、倍増の8000万円でサインした。

「シーズンを通してゲームに出られた。その中で捕手と打撃を両立できたことを評価してもらった」とニッコリ。5年目の今季は136試合、打率2割7分5厘、16本塁打、80打点で、捕手としても81試合に出場して10年ぶりリーグ優勝に貢献した。

 大台の1億円にもう少しという評価に「う~ん、いい感じです。(評価は)全部うれしかったですけど、キャッチャーとして一番評価してもらったことが良かった」と渡辺SDの評価に感謝。

 続けて「試合の中で落ち着いて冷静に判断できたことが今年の成長。来年はギンさん(炭谷)が抜けるので、しっかり自覚してやってくれと言われました。今季に関しては打撃陣が圧倒的だった。来年はバッテリーで勝てるようなキャッチャーになりたい」と扇の要としての成長を最優先課題に挙げた。

(金額は推定)