西武が元守護神・高橋朋己と新人・與座海人に戦力外通告

2018年10月29日 18時54分

高橋朋己

 西武は29日、通算52セーブで元守護神左腕の高橋朋己投手(29)、昨年のドラフト5位ルーキー・與座海人投手(23)に戦力外通告したことを発表した。

 高橋朋は2012年ドラフト4位で西武に入団。2年目の14年、翌15年シーズンでは連続して60試合以上に登板した。その2年間はクローザーも務めるなど通算6勝5敗、52セーブ、40ホールドをマークしたが、16年7月にトミー・ジョン手術を受けて以降は一時的な二軍戦登板はあったものの、長いリハビリ生活を送っていた。

 1年目の與座はトミー・ジョン手術を受けていることから育成契約に切り替わるようだ。高橋も何らかの形でチームに残るものと思われる。